2009年06月15日

第二章 高岡町の蘭方研究と情報収集

 第一章では越中国で蘭方医学を学び、その知識を実践した人々について概観した。特に高岡町では蘭学を志す医者を多く輩出し、町内では蘭方が普通に用いられている。高岡町は町奉行が駐在しているとはいえ、実質的には町人の自治下にある町であり、技術や学問上での忌避は少なかったように思える。
 越中国は江戸や京から隔絶していて、情報が入ってこない僻地のようなイメージがあるかもしれない。しかし実際は違う。江戸や上方などへは学問修行に赴いた医者や藩士が居留し、国許に最新の情報を送っている。藩のレベルでは当然としても、町・農民に至るまで情報収集には力を入れていた。
 富山藩では薬売りの活動を通じて全国の動静をつかんでいたようだが、商人は時局の動静が商いに直結することもあり、情報には敏感であった。さらに高岡町では情報の分析会を開いて、大局を把握していたようである。そのため、異国船の襲来や攘夷を巡る動きには関心が深く、知識者の多くは、加賀藩の尊王攘夷派に関与していくことになる。
 この章では、高岡町を通じて、越中人の情報収集活動を概観することにしよう。
佐渡家
 佐渡家については前章で説明している。特に八代目佐渡養順の子息達は、全員オランダ語に通じ、読み書きにさほど不自由しない能力を有していた。この子息達の母親は蘭方医として高名な長崎浩斎の妹であり、幼い頃から薫陶を得ていた。浩斎の段階ではオランダ語の解読レベルは初歩であったと思われ、知識は翻訳書に拠るところが大きいのであるが、甥達のレベルは彼をはるかに凌駕するところまで到達し、直接オランダ語の原典にあたってそれを翻訳している。
 九代目佐渡養順こと三良は西洋医学書を翻訳し、流麗な筆記体で『蘭訳和訳蘭単語集』、”Oly van boogaard”の写しなどがある。この九代目と将軍家に仕える弟の坪井信良は弘化以来互いに書翰を往復させていた。信良の書翰には個人的なこと、弟達のことなども記され、それはそれで興味深いのだが、江戸や京の情勢について事実を知りうる地位にあった立場でもあることから、書簡をテキストに町の人々は情勢の把握に努めたといわれる(『幕末維新風雲通信 蘭医坪井信良家兄宛書翰集』(宮地正人編、東大出版会、昭和五十三年)。
 信良より三良宛の百八十通が公開されている。 
 佐渡家文書(高岡市立中央図書館所蔵) 
 できれば読めなくても実際触れてみてほしい。
 「佐渡三良宛の坪井信良の消息」
 「佐渡三良様」
 「坪井信良諸文書綴 坪井信良より佐渡三良宛」
 他にも多くの書物が残っていて、金沢市立図書館や高岡市立中央図書館に所蔵されている。
 『亜細亜洲海路図説』 弘化二年 佐渡邦
 『阿蘭使節駿河ニテ神君ニ拝謁シタル記事』 坪井信良抄訳
 『荷蘭人高麗島キュヱルパールヅ漂着記事』 同
 『海外人物小伝』1〜5 嘉永六年 時々夢斉
 『勿搦祭亜(ベネチア)之図訳畧』 天保十三年 佐渡三良
 『蘭化先生手録馬体外形図解』 天保十二年 佐渡邦
 同名 弘化二年 佐渡三良・三良邦
 『海外人物小伝』は海外の人物について絵を交えて説明している。そこには軍艦について、ナポレオンが配流されたこと、葬式が執行されたことなどが記されている。『蘭化先生手録馬体外形図解』には馬の体の名称をオランダ語も参考にして記している。
清水家 
 高岡御馬出町の薬舗槙屋。初代が尾張浪人で越前国府に居住していたが、慶長の頃に家督を甥の庄右衛門(辻庄右衛門・菓子商)に譲り、氷見に移って町人清水屋庄左衛門不石と改める。二代目九郎右衛門宗松が高岡二番町に移って、槙屋藤右衛門と改め、延宝六年に御馬出に居宅を構えた。三代目藤右衛門知久は貞享元年十二月瑞龍寺祠堂銀才許、翌年八月町算用聞を務め、薬種商土井屋を買い受けて、槙屋を屋号にした。四代目藤右衛門知高は享保十二年正月六日に算用聞、元文二年八月町年寄に就任する。五代目九郎右衛門知叔は組合頭役を務め、長女の婿養子に甥を迎え、これが六代目藤右衛門少運であり、町の重役を歴任し、明和四年閏九月町年寄に就任した。長子六郎右衛門知足も算用聞を務めたが、寛政八年八月に家督を譲られて一ヶ月で没し、弟の栄蔵(英蔵)知季が八代目として寛保九年正月二十二日算用聞や祠堂銀才許等を務めるものの、祠堂銀の不正事件に連座し文政元年十二月没する。弟の貞助叔斐が中継ぎし、文政八年に六代目三男の娘で天野屋連信三男の藤右衛門梅顛を十代目に迎えた。地子町肝煎や貯用銀才許並などを務め信用回復にあたり、長男藤右衛門知易が十一代目を継ぎ、安政六年三月以後地子町肝煎列を皮切りに重要な役を歴任した。慶応四年四月六日に没した後、弟の伊三郎知之が継いでいる。
 さて、この清水家には医学はもちろん多岐にわたる書物が受け継がれ、十代.十一代目は医学書などを写本している。
 「アルファベット(オランダ語)」 藤右衛門梅顛写
 大文字.小文字.オランダ語の小文などを毛筆で写して勉強していることが分かる。
 『水戸内乱見聞録』 藤右衛門知易写
 元治元年天狗党が筑波山で挙兵した聞き書きである。
 「聞書」 藤右衛門知易
 安政六年五月二十八日に水戸浪士がイギリス総領事オールコックが宿泊する寺を襲撃した顛末が記されている。また英仏間トウアル(ドー バー)海峡の工事計画図面が付されている。
大橋家
 木町の材木商大橋家は祖が能登の畠山に仕えた大橋祐次で、上杉軍による天正五年の七尾城陥落後、慶長頃に富山城にあった前田利長を頼った。その子息が権六(弘治三年〜寛永二年)で木町に移住し大橋屋を屋号に町人になる。二代目権兵衛(文禄二年〜明暦元年)、三代目権右衛門(寛永二年〜貞享四年)、四代目が七右衛門(正保四年〜享保四年)で射水郡鷲塚村七助の次男に生まれ、延宝七年養子に入り、二代目娘の婿として家運を盛り上げ、鷲塚屋と改める。五代目は十右衛門(元禄七年〜安永五年)、六代目十右衛門は長男だが、七代目は五代目の六男である。八代目十右衛門は分家八三郎(侗斎)次男を養子に九代目を継がせ、十代目十右衛門(安政六年〜昭和十五年、号二水)は分家八三郎(間斎)四男である。上方で漢学を修め、東京で英語を学び、尾崎行雄や犬養毅と親交があった。越中改進党に所属し、県議会議員や衆議院議員を歴任している。
 分家に五代目の七男で八右衛門(寛保元年〜文化二年)があり、寛政四年に木町算用聞等を務める。下桶屋町中野屋市兵衛三男を婿養子にして二代目八右衛門(明和五年〜天保十一年)を継がせ、三代目八三郎(天明七年〜万延元年)は京に漢学.国学を学び、薮内流茶道竹翁に師事した文化人である。号は侗斎で、天保三年町年寄に就任し、郷学の修三堂設立に尽力するなど、大いに活躍した。四代目八三郎’文化十年〜明治六年)も国学.神道に傾倒した文化人で、号は間斎、二上射水神社関守一と交際し、一角を譲り受け奥津城と名付けている。算用聞等を歴任し、文久二年苗字が許された。五男を五代目八三郎 (文久元年〜明治三十八年)にし、北國銀行に勤務、六代目八郎は正力松太郎と小学校が同期で、逓信次官・内閣法制局長官等を歴任し、大東亜戦争終戦時には日本放送協会会長であった。
 大橋家所蔵の文書は、高岡市立中央図書館に所蔵され、国内外の出来事に関心を持っていたことが分かる。
 「浦賀奉行見込書」
 「嘉永七甲寅春正月米利幹船渡来献貢記」
 「安政丁己亜夷柳営来殿之記」
 「安政五戌午亜夷一條等集記」
 「安政五六燕葊来翰抜書」
 『各国新聞紙』 英國ウイセヒ編
 『都鄙新聞』第二〜五
 『新聞雑記』 第六十九号附録
 『内外新聞』
 『鎮台日誌』、『江城日誌』前編、『東京城日誌』明治元.二年、『鎮将府日誌』等の日誌類
増田賛と武部敬之助.堅兄弟との往復書簡
 高岡以外でも、小杉町増田賛と井波町三清の武部敬之助.堅兄弟との往復書簡がある。増田家は射水郡小杉町にあり、父は絵を能くした蕉雨である。天保九年に生まれ、江戸で藤森天山に学んで、維新後には下野県に属し、判事として活躍する。武部家は十村を務める大家で、江戸の情報を収集するため、増田に資金援助していた。万延元年から明治二十八年までの書簡が残存し、時事報告が詳細に記されている。またその中には富山藩校広徳館の教官が多く江戸に赴任していることが記され、武部家が冨山藩に関心が深かったことも分かる。それは富山藩領の農政に加賀藩として砺波郡の十村が関与したことも関係があるとも言われる(『幕末維新期の青春象』桂書房、平成十年)。


posted by ettyuutoyama at 18:22| Comment(0) | 歴史講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。