2009年06月08日

参考文献

富山県史 通史編V・W、史料編X
高岡史料 上・下巻 高岡市 明治四十二年
高岡市史 中巻 高岡市 昭和三十八年
戸出史料 戸出村 大正八年
戸出町史 戸出町史編纂委員会 昭和四十七年
氷見市史 氷見市史編集委員会 昭和三十八年
氷見市史2 通史編 平成十八年
小矢部市史 下巻 小矢部市史編集委員会 昭和四十六年
出町史資料 砺波市立図書館
福野町史 福野町役場 昭和四十九年
福光町史 福光町役場 昭和四十六年
小杉町史 小杉町史編纂委員会 昭和三十四年
富山市史 富山市 明治四十二年
立山町史 上巻 立山町 昭和五十年
加賀藩史料 第拾壱篇 昭和十二年
新修泉佐野市史 第六巻史料編・近世T
本願寺史 第二巻 本願寺史料研究所 昭和四十三年
町吟味所御触留 桂書房 平成四年
越中から富山へ 高井進 山川出版 平成十年
高岡詩話 津島北渓
越中の人物 奥田淳爾・米田寛 巧言出版 昭和五十三年
越中の文学と風土 廣瀬誠 平成十年
冨山の文学碑と昔ばなし 森清松 昭和五十八年
大伴家持と越中万葉の世界 高岡市 雄山閣 昭和五十九年
富山市の文学碑と拓本 富山いしぶみ研究会 桂書房 平成七年
寺島蔵人と加賀藩政 長山直治 桂書房 平成十五年
石門心學提要 柴田寅三郎 心學脩正舎 大正十五年
石門心学者の子育て論 小嶋秀夫
三則説教幼童手引書 柴田遊翁 明治六年
藩財政改革家石田小右衛門研究のあゆみ 林 基
憚悟爐文庫目録 中川すがね 平成四年
加賀藩における海保青陵と本多利明 長山道治 石川県立金沢錦丘高等学校『紀要』第15号
本多利明 塚谷晃弘
地方官僚と儒者の経済思想 田中喜男 日本経済評論社 平成十三年
上田作之丞に於ける師道の研究 毎田周一 昭和十三年
『霊の真柱』以後における平田篤胤の思想について 田原嗣郎
伴信友の学問と『長等の山風』 佐伯有清・関 晃
大国隆正の学問と思想 芳賀登
幕末変革期における国学者の運動と論理 芳賀登
幕末国学の思想史的意義 松本三之介
五十嵐篤好全 稲垣湊 昭和十六年
贈従五位五十嵐篤好翁事歴 昭和六年
五十嵐篤好その和歌と人生 『秋桜』第11号 平成六年三月
海商能登屋藤井家五代之記 正和勝之進 平成八年
老の路種 上田耕 昭和十一年
越中ばんどり騒動 玉川信明 日本経済評論社 昭和六十年
佐藤信淵 嶋崎隆夫
水戸学の背景 瀬谷義彦
半佛先生遺稿 保田定貫 明治二十五年
中嶋棕隠と越中 書香会 昭和七年
越中の聖跡と越中に来た先哲の跡 飛見丈繁 昭和二十年
雲龍山勝興寺系譜 荻原樸 明治二十七年
勝興寺沿革史
近世北陸農業史 昭和六十二年
日本農業全集19 平成九年
農政全集 五十嵐篤好 昭和二年
日本思想体系 岩波書店 
日本の名著 中央公論社
近世漢學者著述目録大成 関儀一郎・義直 東洋図書刊行会 昭和十六年
越佐名家著述目録 新潟県立図書館 昭和四年
日本漢文学大事典 近藤春雄 明治書院 昭和六十年
新釈漢文体系 明治書院 昭和五十年
應響雑記 上・下 田中屋権右衛門 桂書房 昭和六十三年
藩法集4・6 創文社 昭和三十八・四十年 
富山藩士由緒書 桂書房 昭和六十三年
三百藩家臣人名事典 第三巻 新人物往来社 昭和六十三年
日本人名大事典 平凡社
富山大百科事典 北日本新聞社 平成六年
書府太郎 上巻 北國新聞社 平成十六年 
加能郷土辞彙 日置謙 昭和十七年
角川日本姓氏歴史人物大辞典 角川書店
明治維新人名辞典 吉川弘文館 昭和五十六年
国史大辞典 吉川弘文館
日本史大事典 平凡社
日本歴史大辞典 河出書房新社
その他、拙書や富山県立図書館等を活用する。http://plazasv001.tkc.pref.toyama.jp/index.html


posted by ettyuutoyama at 19:43| Comment(0) | 歴史講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。